『夏の日に』

文章/佐藤朋子
 さん、暑中お見舞い申し上げます。暑さ厳しい折、いかがお過ごしですか?
 この蒸し暑さには閉口するけれど、夏は私の一番好きな季節だ。ベランダのコンテナガーデンに射るような強い陽が当たっているのを見ると、わくわくしてしまう。クーラーが逃げてしまうのも承知でしばらく窓を開けっ放しにして眺めを楽しんだりしている。

 けれどここ数年、ある理由から、夏が少し憂鬱になってしまった。正確に言うと3年前から、ひと夏中私を悩ますモンスター。やっぱり今年も「来たーッ」。
 それは、指の皮膚炎なのだ。
 6月中旬くらいになると、指に痒みを感じるようになり、水泡のようなものが現れあっという間に指全体に広がって、それが裂けて霜焼けのように真っ赤っかになってしまう。指が普段の1.5倍くらいになってしまうのだ。

 1年目、まずはNHKのBSでアナウンサーをしている友人に紹介してもらった評判だという皮膚科に通った。説明もないまま薬を渡されたのが不安だったが、そのステロイド配合の薬は驚くほどよく効いたのだった。そして次の日には治った。けれどその次の日にはまた水疱が現れるという繰り返しで、どんどん薬を強くしなければならないということに怖さを感じて諦めることにした。
 その後アロマテラピーを試したり、友人に紹介してもらった市販されてない特殊なエッセンシャルオイルや薬なども試してみたが、全く効かなかった。原因は分からないままだった。

 そしてある時、偶然入った薬屋で、漢方薬と出会ったのだ。漢方の先生は大変分かり易く症状について説明してくれたので、安心して漢方薬を手にすることになった。東洋医学なので、対象療法ではなく私に合うように身体の根本から変えていくというコンセプトで、漢方薬を調合してもらった。一日2回、少々の日本酒と混ぜて飲むのだ。これはとても不味かったけれど、この間体調はとても良くなった。このままずっと続けていければ良かったのだが、費用の点で折り合いがつかなかった。2週間分で2万円という料金だったので、続けて服用することが出来ずこれも断念したのだった。

 ちょうどその頃、ヒーリングに関する取材をしていたので、前世療法なんていうのも試してみたけれど、私自身に関してはピンとこなかったのである。ただ、漢方やヒーリングの取材をきっかけに、無農薬野菜を多く食べるようにしたり、水に気を付けたり、身の回りのものをなるべく自然なものにするようにしたりと、生活に気を配るようにはなったのだ。

 しかし昨年、このCosmosLabのエッセイにも少し書いたが、夏になると炎症は再発し結局何もいい治療法が見付からないままその季節を終えてしまったのだ。分かったことといえば、フリーランスの同業者に同じ症状が多いということ。水泡は、汗泡(かんぽう)といい、自律神経が原因らしいということ、の2点だった。

 今年になると、またまたこの皮膚炎仲間が増えた。患部は、指に限らず、肘や膝の裏、足の裏なども多いようだ。最近ではお互いに、この薬が効きそうだ、などとメールで情報交換もしている。治った人もいれば、ヒリヒリしてツライよ! と言う人もいる。皆はっきりとした原因が分からないでいるのだ。ストレスなんて言われても、ほとんどの人にストレスなんてあるわけなのだから。

 最近私が心掛けるようにしているのが、生活の時間帯を朝型にすることだ。睡眠時間だけで言えば夜型の生活といえども、きちんととっている。だから大丈夫だろうと思っていたのだが、先日、エステティックセラピストの方に言われた。
「昼間と夜では活動する神経が違うんですよ。昼間は体温を上げたりするでしょう。人間の体内時計は、1日が25時間になっているんだから、精度の悪い時計みたいなものです。毎日太陽の光を感じることで体内時計を調節しないと、どんどんズレが生じてしまうんですよ。
 だから夜型の生活をしていると、自律神経がおかしくなってしまうことがよくあるんですよ。目眩がしたり、呼吸がしにくくなったり、歩く時ふらふらしてしまうっていう人、けっこういるんですから」

 夜10時から午前2時までの間、食べ物をすっかり消化した状態で寝ると、身体は消化にエネルギーを使わなくてもよい。すると、その分のエネルギーで体中のお掃除をやってくれるのだそうだ。そして「あらあらこんな所に……」なんて調子で、病気やちょっとした怪我などを見付け、治しておいてくれる。
 逆に、食べた後すぐに寝てしまうと、消化に体力を使ってしまうので、休まらないし眠っても疲れがとれないのだ。
 それになんといっても、10時から午前2時までは美肌をつくるゴールデンタイムだ。
 これを聞いたら、なんとしてもこの時間に眠らなきゃ、って思いませんか?
 
 というわけで、私もなんとか早寝早起きの生活をしようと努力しているわけなのだ。とはいえ、さすがに夜10時に寝るのは、健全なオンナ生活が出来なくなりそうな気がする。せめて12時にはベッドにはいるようにと思っているんである。

 来年こそは、皮膚炎が治った! と報告できるといいんだけれど。
 皆さんもどうぞ健康で楽しい夏を過ごしてくださいね。
▼CosmosLab TOP
Photograph (c) Marimi HORIMOTO All Rights Reserved.
Copyright 2000-2002 Headrok Inc.