CosmosLabタイトル


文/堀本真理美

【RYAN ADAMS / Somehow, Someday】
RYAN ADAMS (収録アルバム:GOLD)(c)2001 UMG Recordings Inc.

 ライアン・アダムス? 誰それ? ブライアン・アダムスの間違いじゃないの? と多くの人は思うかもしれません。それはライアン本人が一番よく知っていて、ライヴ会場の客席から茶化されたりするのをちょっと苦々しく思っているみたい。でも毎回『恋の音楽室』を読んで下さっている方なら、なんとなく記憶に残っているはず。第34回目でライアンが以前在籍していたバンド WHISKEYTOWN の曲を紹介していました。そうそう、その時24歳と書いたのですが実は1974年生まれの28才だったようで、失礼しました…。
 今回紹介する曲が含まれたアルバム「GOLD」は2002年グラミー賞ベスト・ロック・アルバムにノミネートされた作品です。日本ではまだそれほど知られていないライアンですが、ぜひ注目して欲しいです。
 この曲は別れてしまった恋人を忘れられず彼女の事を想い続けている男の人のちょ っと切ない気持ちを歌っているようです。嫌いになって別れたのではないとすると、 自分自身を何か別のことに夢中になるように無理にでも仕向けなければ、そう簡単に 元のパートナーを忘れられるものではないですよね。結局のところ、時間だけが解決 してくれるものなのでしょうか……。
(以下、歌詞抜粋)

I dreamt that you and I were still young laughing like little kids
(君と僕がまだ若くて子供みたいに笑いあってた夢をみたよ)
I'll never know just how bad it hurt or what I did
(こんなにひどく落ち込むなんて、僕が何をしたのかなんて、わからないよ)
I wish we were still making plans
(僕らがいまだに計画を立ていたらなぁって思う)
But now, there's nothing to fix
(でも今は、何ひとつ決めることがないんだ)

But there ain't no way I'll ever stop from lovin' you now
(でもいま君を愛するのを止める方法なんてない)
There ain't no way I'll ever stop from lovin' you now
(君を愛さずにはいられないんだよ)
No, there ain't no way and I'm gonna try and show you somehow
(そうさ、僕はどうにかしてみせる)
Somehow, and I'm gonna someday
(いつの日か、なんとかするんだ…)

 まず始めから「dreamt」ってなんだっけ? と思いませんでしたか。そう、dreamの過去・過去分詞型なのです。単に「ed」をつけて使うことのほうが多いとは思うのですが、なぜかライアンはこっちを使いたかったようです(笑)
 make plans というのは「計画を立てる/立案する」という意味ですが、plan には設計図、図面という意味もあるので覚えておいてね。
 fix には、実は沢山の使い方があります。ここでは「決定する/確定する」の意味ですが、「〜を修理する/固定する」や「(食事や飲物を)準備する/(身だしなみを)整える」、そして「麻薬を打つ」なんて意味もあるのです!
 stop from lovin' you は、エルヴィス・プレスリーの名曲「I can't help falling love with you(愛さずにはいられない)」に似ていますね。
 そして、「somehow,someday(どうにかして、いつの日か)」と彼は歌うのですが、果たしてその想いは通じたのでしょうか……

▼CosmosLab TOP