2004年4月14日 エビヌマタイスケ&HiRO

自分の世界で一番大事な人が、
異国で拉致されたら、どう思うか?
という質問を熟考するところから考えてみたい。
怒る。
悲しむ。
どうしたら、コンタクトがとれるかを考える。
信頼すべき情報源を特定する
現場ヘの交通手段を決定する。その他諸々あるだろう。
見てみない振りをして、TVのボリュームを絞ってたって何も変わらないから。
押し寄せてくれる不安を、沈黙は増幅させるだけだから。
頼むから、黙っていてほしい。
"紳士"の化けの皮をかぶった、IT時代の野蛮人達よ。
"取材"という名前を勝手につけた、個人攻撃。
心を、音もなく、粉々にして、後ろ足で、砂を まき散らして、
次の獲物を求めて彷徨い続ける。
一度でいいから、インタビューしている時の自分の姿を、見てみた方がいいよ。
それは、恥にまみれている。気付いていないのは本人だけだよ。
結局他人事なのさ。
好景気だろうが、不景気だろうが。
株式会社日本という名前の、外資系総合商社に、死ぬ迄寄生し続けるだけの
サラリーマンの溜り場が、国会議事堂さ。
60年前に文化的に、犯され、精神的にも、ほぼ完璧に解体されかかっている象徴さ。
ここをテロの標的にすれば、1発で 52番目の新しい州の誕生もありかも。問題解決?
自主性を去勢されたあげく、魂を売り払った後に、あんたたちがしていることは
"改革"という名のマニュフェストで目隠しをする、片棒を担いでいるだけなんだぜ。
その手をどうか、降ろして、部屋のコンピューターみたいに再起動しようじゃないか。
空いたその手で、どこかで寂しそうに あんたを待ってる 大事な人を抱きしめてあげようぜ。
君がすることはほとんど無意味だが、それでもしなくてはならない。
なぜなら、それは世界を変えるためではなく、世界によって自分が変えられないようにするためだからだ」 (マハトマ・ガンジー)
できることは、しなきゃいけないことなんだ。
しなければならないことをするんだよ。だからうまくいくんだ。」(ボブ・ディラン)
愛しかない、と思う。世界の果てからでも どこから叫んでもいいけどもさ。
愛は手段を発見する(アレックスへイリー)
あ、思い出した。
"Love resque me"(ボブディラン&ボノ@U2)とも言うしね。

今月の一枚
Aerosmith"Honkin'on Bobo"

aerosmith.jpg
 もう、エアロはしばらく、休養をするのでないか? というぐらい、力の入った作品に仕上がっている。新曲も1曲収録されてはいるが、これこそ、デビュー時にスティーブンとジョーがやりたかった作品なんじゃないかと。
 じゃなきゃ、わざわざジャックダグラスまで引きずり込まないよな。
 2004年型のエアロにしか創り得ない、ブルーズが詰め込まれている。(Ebi)

Copyright (c) 2004 Headrok Inc.