ぼくの友達がiBook用テーブルを作ったよ

MEZZANINE(メザニン)
by HEX

PowerBookやIBookのためのテーブル、MEZZANINE(メザニン)
山川健一

 ぼくのMacintosh友達に、白鳥芳洋という人がいる。才能溢れるデザイナーで、マックのことをいろいろ習ってるんだけどさ。彼とコーヒーを飲みながら「PowerBookって熱くなって困るよね」とか「iBookに似合うテーブルってないかな」なんて話をしていた。
 普通は話だけで終わるものなんだが、彼は実際にそんなテーブルを作ってしまった。企画段階で、彼が初台にあるぼくの仕事部屋にやって来てくれて、ぼくも好き勝手にいろいろアドバイザー的なことを言ったんだ。とりわけ今のPowerBookはエンジンがG4なんで、熱がすごい。ぼくはCarGraphicのバックナンバーを冷蔵庫の冷凍室に2冊入れておいて、こいつを交互にPowerBookの下に敷いていた。でもこれだと、急激に冷やすわけだから結露が心配だしね。
 さらに、配線の問題があるよね。せっかく素晴らしいデザインなのに、コード類が絡まって、処理がたいへんだ。
 白鳥さんはHEXというモノ作り集団をオーガナイズして、その第1弾の作品として、ノートブックユーザー、とりわけiBook・PowerBookユーザーにサプライするMEZZANINE(メザニン)を製作したんだ。このテーブルというかデスクは、従来であればそのまま捨てられてしまうカラマツの間伐材に特殊加工を施しているんだ。木そのものの風合いや触感をそのまま残しながら、新しい素材へ転身させたわけだよね。
 MEZZANINEは完全受注生産だそうです。
 とにかく、Webサイトを見てみてください。

HEXのWebサイトへ

2002.12