I'M HERE home
タイトル
タイトル
──今まで小川さんはどんなジャガーに乗られていたんですか?(編集部、以下同)
小川: ええと、「撮影ノート」にも書いたんだけど、XJ6・3.2に乗って、その後デイムラーのダブルシックスという12気筒エンジンのジャガーに乗って、その2台だね。それがもう10年近く前だ。
──本書にはジャガーのすべての車種が紹介されてますが、小川さんご自身はどのジャガーが一番好きですか?
小川: さっき、SタイプとXタイプというのは、今の時代のジャガーのテイストっていうのが確立されているんじゃないかと思うって言ったけどね。一番好きなのは、迷わずXJサルーンだと言えるね。欲しいね、これは。
イメージ
──それはどうしてですか?
小川: 自分のジャガー経験と自分が抱いているジャガーのイメージに一番近いから、かな。
──ちょっと話は変わりますが、もし女性がジャガーに乗るならどのジャガーがいいと思いますか?
小川: 女の人が運転するジャガー?
──そうですね、しかもそんなに運転はうまくない、と。
小川: そうだね、ジャガーってXタイプ以外は車体サイズがけっこう大きいんで、やっぱり運転に慣れている女の人じゃないとこなせないかもしれないな。運転がうまくないといけないっていう意味ではないんだけどね。
 ほんとに親父くさいって言われるかもしれないけど(笑)、自分のジャガーに乗った女の人のイメージってね、XJとか、昔のマーク2サルーンに乗っている、ジュリー・ロンドンみたいな女性かなぁ。あ、ジュリー・ロンドンって知ってる? イギリスのシンガーなんだけど。
──いえ、知りません。
小川: その人はジャズシンガーなんだけど、エレガントな女性でね、彼女のような女性が乗っていたら素敵だよね。

※以下にジュリー・ロンドンの記事があります。
http://www.asahi.com/woman/jazz/julie.html
──心掛けます(笑)。
 今回、都内での撮影のいくつかに編集担当としてアテンドさせていただいたのですが、撮影場所はとても雰囲気のある場所、イギリスっぽさを感じる場所が多かったですよね。普段からここは使える、みたいなことを意識されてるんですか?
小川: 日常、自動車で動き回っているときに、フロントのウインドウスクリーン越しに風景を見てるわけだよね。そうしたときに、写真って切り取るものだから、自分も走りながらいろんなシーンを切り取ってるわけ。その切り取り方っていうのは、ここはどんなクルマが似合うのかな、っていうふうに見てると思うんだよね。だから今回選んだ場所は、必ずしもイギリスのイメージをかもしだそうとして選んだのではなくてね。
 そのクルマに合っているというのは重要な要素だけど、それ以上に東京で撮ったものに関しては、やっぱり2001年の東京の風景のなかで撮る自動車の写真っていうのが、──これはジャガーにかぎらずどんなクルマの写真を撮るときでもそうなんだけど──、一番生き生きとした自動車の写真になるんじゃないかな、と思って撮影場所をチョイスしているんだ。
イメージ
──都内が多かったですね。
小川: 一部、箱根で撮ったのもあるけどね。
──青山、お台場とかそういう見慣れた場所なのに、写真ではすごく新鮮に感じます。
イメージ
小川: 朝に弱い山川さんをたたき起こして、撮影に行くんだよ(笑)。
──何時頃ですか?
小川: これを撮ったのは夏で、6、7月頃だったんだけど、朝3時頃起きて、撮影場所にはもう5時頃には行ってたんじゃないでしょうかね。
──撮影時間はどのくらいかけるんですか?
小川: 自分の場合は一日かけて撮影するということがほとんどなくて、とにかく光っていうのは、いい光っていうのは一瞬しか確保できないので、朝5時頃からシャッターを切り始めて、1時間半程度だろうね、いい状況を保てるのは。だから撮れるカット数はたかだか知れてるよね。
 今日はどことどこで撮って、A地点からB地点まで移動に何分かかって、そうすると何カット撮れるかっていうのを5分刻みにスケジュールを立てて……っていう、そういうやり方だね。
──たとえばイギリスでの撮影の場合ですけど、イギリスにはもうそのときしか行けないわけですよね。そういうときに突然雨が降ったりしたらどうするんですか?
小川: 嬉しい(笑)。なぜなら、それはやっぱりイギリスでしかない気候だからね。イギリスの突然の雨って、僕たちが行ってた時期には日に何度か降るんだよね。さっき、イギリスは島国だけど大陸的な光が降り注ぐっていう話をしたんだけど、雨上がりの、車体に水滴が残っているようなときなんだけど、雨上がりに強く射す光があったり。あるいは、ずっと小雨まじりでどんよりしてるんだけど、でも微妙な明暗のコントラストがあったりとか、長年いろんなところで写真を撮っていると、やっぱりイギリスでしか撮れない自動車の写真っていうのがあるわけだね。光の具合っていうのかな。
◎写真=小川義文
Copyright (c) 1998-2001 Headrok Inc. info@imhere.com